比較的費用が安い理由・ポイント

比較的費用が安い理由・ポイント 家族葬は、従来からの一般的な葬儀に比較して費用が安いために、最近では葬儀の簡素化の中で、利用される方が増えています。
家族葬の費用が安い理由・ポイントについて説明したいと思います。
参列者が少なく、食事や会葬御礼の品など人数に比例して発生する費用を抑える事ができるのはもちろんですが、それ以上にいくつかのポイントがあるのです。
まずは専用会館が、華美を極力排し、実質本位に造られており、施設費用が抑えられる事が上げられます。
また葬儀費用の中で大きなウエイトを占めるのが祭壇ですが、参列者が少なく狭い会場で行うために、小さなものでも貧弱には見えなく、祭壇費用を抑えられる点も大きな要因です。
さらに祭壇の他、棺や様々葬儀に必要な品々も、家族を中心とした参列者なので、見栄を張る必要もなく、自分達の想いだけでそのランクを決める事ができる点も上げられます。
費用をさらに抑えたいなら、通夜を廃した1日葬とする事も可能であり、こうした事で費用を抑えた葬儀を実現で切るのです。

後から気が付く家族葬の思わぬデメリットとは

後から気が付く家族葬の思わぬデメリットとは 故人の事をゆっくりお見送りする事が出来る家族葬は、近年利用する方が増えています。
家族葬には一般葬に比べて費用が安く済む事やアレンジがしやすくご家族なりの送り方が出来るなど様々なメリットがありますが、逆に一般葬でない事によるデメリットも存在します。
特に多いのが、亡くなられた方の交友関係が広い場合の問題です。
亡くなった事を知らなかったご友人や知人が、後日いらっしゃって焼香を希望されるといった事が起こります。
相手がいつ来られるかは分からないので、ご遺族の方もその度に対応しなければならず結構煩わしい思いをされるのです。
中には自分の事をないがしろにされたと怒る方もいらっしゃるので、もし可能であれば後日死去のご案内などを出しておくなどしておいた方がよい事もあります。
また家族葬の場合には家族の範囲を普通は直系の方に絞って考えるのですが、兄弟やいとこやその家族なども含めるとかなりの数になってしまう場合もあります。
参列人数が多いと費用も膨らみますので、この点もデメリットと言えるかもしれません。

終活の一つとして本人がどうしたいかは聞いた方がいいよね 豪華なお葬式はいろんな人を呼んでやる(もしくは来ちゃう)レベルならまだしも、家族葬は周りの意見なんてほっといていい ただでさえ他でお金かかるんだから 父はシンプルでいいと言ってくれたから、葬儀もシンプル、戒名も安いやつ 例え故人

一番安い家族葬にしてもらいたいお花とかいらない

-->